secret*cafe
secret.exblog.jp
2005*May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
since*2004.3.14    休止中。そして、こっそりと>>>open24.exblog.jp
参加してみました
↓ポチッとな
人気blogランキング
カテゴリ
感想一覧*list
映画感想*review
映画雑記*column
映画館話*secret
検索
最新のトラックバック
Cialis.
from Cialis.
www sbg glob..
from www sbg global..
dice twister..
from dice twister a..
net ok school
from net ok school
www red felt..
from www red felt p..
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
Intimate Adu..
from Intimate Adult..
Interracial ..
from Interracial Si..
Interracial ..
from Interracial Pe..
Interracial ..
from Interracial On..
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク
Scarving 1979
ネタバレ映画館
【銀太郎的映画感想文】
CINEMA e MUSICA di FLUFFY
xina-shinのぷちシネマレビュー?
見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
<   2004年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ハウルの動く城:HOWL'S MOVING CASTLE
先週の土曜日、「TUBE」に続いて『ハウルの動く城』を見てきました。
夜中の2時半くらいの回だったのですが、結構人が入ってました。
さすが、初日。さすが宮崎駿。

たぶん、日本人のほとんどが一度は見たことがあるであろうジブリ作品。
特に宮崎駿監督の作品は人気がありますが、例に漏れず、私も大好きだったりします。
大学で論文のテーマにしたぐらい。。。

でも、「ハウル」に関しては正直なんて言っていいのか。。。
見てからもう1週間も経つのに、なんだか消化不良気味です。
面白くなかった訳ではないんです。
マルクルの「またれぃ」がかわいくて、個人的にはツボでした。
ただ、作品自体のことを言うと、そんなにハラハラドキドキした訳でもないし、
ストーリーにあまり納得がいかなくて。
いつもは引き込まれてその世界に自分もいるような気がするんですが、
今回はこちらの世界に置いてけぼりになっているように感じることが多かったです。
原作があるので、そのせいかもしれません。

ただ、ジブリ作品は何回も見ているうちに、いろんな視点に気づいて、
良さが増して感じられるので、また見たいとは思います。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-11-28 23:53 | 映画感想*review
チューブ:TUBE
先週の土曜日に『TUBE』を見てきました。

私の好きなペ・ドゥナが出るということで、楽しみにしていたのですが。。。
なんだ!?これは。
私はこんな薄っぺらな映画が見たかったんじゃないの!
と、期待してただけにショックでした。

冒頭の銃撃戦、かなり迫力があって、これはすごいと思ったのに、
なぜペ・ドゥナのシーンになると安っぽいメロドラマになってしまうのでしょう。
それでも、今までとは違ったペ・ドゥナが見れて良かったですが、
私としては、ハッキリいって、もうそれだけ。

たしかに地下鉄の操作はスリリングで、手に汗握ります。
チャン刑事とギテクのアクションも派手で、迫力があります。
特にギテクは表情が読めなくて良かったです。
それに、チャン刑事の上司や室長だっていい味だしてます。
それなのに、それを持ってしても余りあるテンポの悪さ。
もう、台無しです。
もっとずっと面白くなるハズだったのに。。。
これだけいい要素を持っていながら、なぜ。
こんなに、編集の大事さを痛感した映画はないかも。
元が良さそうなだけに残念で仕方ありませんでした。。。

しかも、お金はかかってるけど、チャン刑事のくだりとか、どうみてもB級映画。
だったらB級に徹して極めれば良かったのに。
その中途半端さにおいても、もったいないように感じました。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-11-27 18:54 | 映画感想*review
OS X
やっとOS Xに乗り換えました。
うーん、いまいちまだ馴染めてないけど、快適快適。
でも見切り発車しちゃったので、問題が山積み。
とりあえず、やっとネットに繋げるようになって一安心。
でも、UPしようと下書きしておいた記事が開けません。
来週までには更新できるかな〜。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-24 16:47
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス:NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS
ターンレフト・ターンライト」をみた足で、
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を観てきました。
レディースデイ、しかも最終回ということで、立ち見もでる混雑ぶりでした。
劇場自体も小さい所だったのですが、「ナイトメア〜」って人気あるんですね。
ディズニーショップなんかでも扱われてはいるけれど、
もっとマニア受けな作品かと思っていたので、少しビックリしました。

「ナイトメア〜」が公開されてから10年という訳で、
デジタルリマスターされて再度公開されたこの作品。
私は公開当時見に行くことができなかったので、こうして劇場で見ることができて、
とても良かったです。
やっぱり、家で見るのと、劇場で見るのとでは違いますね。

本編の上映前に「ヴィンセント:VINCENT/'82」と
「フランケンウィニー:FRANKENWEENIE/'84」という短編が上映されたのですが、
ティム・バートン作品の独特の世界観がすでに作り上げられていて、
非常に面白かったです。

これは「ビッグ・フィッシュ」の感想にも繋がるんですが、
彼の作品って、毒々しくて、気味悪くて、万人受けするものじゃないのに、
どこか夢があるんですよね。
だからハマると抜け出せなくなっちゃうのかなと思います。

そうそう。たまたま次の日にディズニーランドに行ってきたのですが、
今、ホーンテッドマンションが、
ジャックに乗っ取られて「ナイトメア〜」仕様になってるんです。
といってもホーンテッドマンションはホンテッドマンションでしょ、って思ったら、
見事な改装で、ほんとに「ナイトメア〜」の世界が広がってました。
1/10までやってるので、映画とディズニーランドの両方に行くと、
何倍も楽しめますよ。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-11-22 16:46 | 映画感想*review
ターンレフト・ターンライト:TURN LEFT TURN RIGHT:向左走 向右走
自分で映画料金の解説などをしていたら、
たまにはレディースデイにでも行ってみようかという気分になり、
ターンレフト・ターンライト』を観てきました。

こんなにニヤリとさせられる映画を見たのは本当に久しぶりで、
間違いなく、あたしの中でのお気に入りラブコメランク、ベスト3に入りました。

何がいいって、金城武とジジ・リョンが、
いつも近くにいるのにすれ違ってばかりの冒頭から始まって、
やっと噴水で出会ったと思ったら、お互いに邪魔者が入って。。。って、
二人の生活がいちいちリンクしているのに気付かないのがおかしくて、
一生懸命な二人の姿が可愛いらしくて、お互いを求めるその想いにグッときて。
しかも、邪魔者の二人もまた一途で一生懸命で、
その邪魔っぷりに嫌みが感じられないところもいい味出してて、微笑ましくて。

ラストは「そんなのあり?」と思ったら、
「Separate Ways 君のいる場所」という絵本が原作となっているらしく、
どうりででこんなに暖かくて、色使いが綺麗で、
小ネタの効いた作品だったのかと納得しました。

劇中、「恋」という詩がキーポイントになっているのだけれど、この詩がまた素敵。
先が読めようが、ラストが現実離れしていようが、
あの二人を見て気持ちが満たされれば問題なし。
とまぁ、すっかりハマってしまったのでした。。。

ところが、この映画、上映館が1館だけ!
しかもまったく宣伝されてないし。
これには納得いきません。
こんなにおすすめなのに。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-11-20 09:34 | 映画感想*review
episode 11
今日は映画を安く見る方法について、金券ショップの話を。

私もよく利用する金券ショップ。
映画館では、上映前に前売り券というものを発売しますが、
金券ショップではこの前売り券を、仕組みはわかりませんが、
窓口で買うよりも少し安い金額で売っていたりします。
しかも、公開後も品切れになるか、
上映が終了するまで販売しているので、大変便利です。
また、ほとんどの人は前売り券にしか手を出さないと思いますが、
実は株主招待券というものがあり、これは東宝や松竹など、
配給を行っている株式会社が株主に対して配当する招待券なのですが、
金券ショップに売ってしまう方がいるのですね。
これも売っています。
その他にも、劇場招待券というものもあって、これも非売品ですが、手に入ります。
サービスデイやレイトショーと違って、曜日や時間を気にせず安く見れる手段なので、
利用する人も多いかもしれません。

ただし!
気をつけなければならないことが何点かあるのです。

まず、前売り券を買う際には、全国券か劇場指定券か確認すること。
全国券は上映期間中、どの映画館でも使えますが、
劇場指定券は使える劇場が限られています。
見る劇場が決まっている場合は、
その劇場が記載されているか確認するようにした方がいいですよ。

次に、株主招待券の場合は、東宝なら東宝系列でしか利用できないということ。
そして、有効期限があるということ。
また、1枚で入場できる所と、2枚必要な所があるので、裏面で確認を。
それから、あくまでも非売品だということも、
頭に入れておいた方がいいかもしれません。
私が働いていた劇場では、大作映画の上映期間中で混雑する時には、
土日祝日に限り、株主招待券のお客さまはお断りしていました。
つまり、持っていても、使えないのです。
でも、劇場にそのことで文句を言っても無駄です。
劇場側の理論はこうです。
このことは券面にも書いてあり、
本当に株をお持ちの方なら理解していただけるはずだ。
なぜなら、混雑時に株主招待券を使うということは、
一席分の利益がなくなるということで、
自分にとっても利益にはならないはずだから。。。
まして非売品であるはずの招待券を株主でもない人が持ってるとなれば、
丁重に追い返されるだけです。
運良く人のいい社員に対応されて見れる場合もあるかもしれませんが、
それは期待しない方が賢明です。
そして、株主招待券は先行上映などの特別興業では使えない所がほとんど、
ということも覚えておくといいかもしれません。

最後に劇場招待券ですが、あまりこれには手を出さない方が。
というのも、これは名前でわかるようにその劇場のみで使えるもので、
だいたいこれにも有効期限があります。
あまり使い勝手がよくないので、
今まさに劇場に行く所ならいいのですが、前もって買っておくのはお勧めできません。
しかも。
例えば大きな映画館では、○○1と○○2という劇場(○○は同じ名前)が、
隣接していることがよくあります。
○○という所までは覚えていたのに、
1だか2だかわからないなんてこと、ありそうですよね。
そんな時、○○1という劇場招待券を持っていたら、
同じ場所にあっても○○2では使えないのですね。
その上、まれに劇場のキャパシティーとお客さんの入り具合によって、
○○1と○○2は上映を入れ替えることがあったり。。。
もちろんそれは映画館側の都合なので、なんらかの配慮はしてくれますが、
スムーズにはいかない場合もあるので、やっぱりお勧めできないです。
そして、この券も先行上映などの特別興業には使えない所がほとんどです。

金券ショップの店員さんは、売れない券や期限が迫ってる券を、
勧めてくることが多々あります。
価値があるうちに在庫を処分したいんですから当然ですよね。
でもそれがのちのちトラブルになったりするので、要注意です。
これらのことは、金券ショップでは教えてくれないので、
自分達で注意するしかないのですね。。。

ちょっと長くなりましたが、今日はここまで。
次回は劇場窓口の話をしようかと思います。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-16 09:00 | 映画館話*secret
episode 10
予告通り、今日から数回、映画を安く見る方法についての話を。

まず、一番安く映画を見る方法といったら、やっぱり試写会でしょう。
なんてったってタダでご招待な訳ですから。
ただし、映画関係者でもなければ何もせずに招待されることなんてありません。
じゃあ私達は試写会に行くことはできないのか。。。
そんなことはありません。
映画配給会社では、コメントを取るためや、反応を見るために試写会を実施します。
公開の半年も前に、スニーク・プレビュー(覆面試写会)なんて、
映画を明かさずに行ったりすることもあります。
よくワイドショーで見る、完成披露試写会やジャパンプレミアにも、
一般招待客枠があり、スターを間近に見れるチャンスです。
また、企業が宣伝やアンケートを兼ねて、試写会を行うこともあります。
そして、テレビ局や雑誌などあらゆるメディアが主催・協賛して、
試写会への応募を受け付けているので、そこに応募するのです。
ほら、exciteさんでも。
試写会は結構行われているものです。
ただし、当たるか当たらないか、ギャンブル性が高いのと、
年齢制限があったり、女性限定だったりすることもあり、
日時と場所が決まっているのが難点ですね。。。

しょっちゅう当てている友達の経験では、
ネットで応募するよりも、ハガキで応募する方が、確率がいいと言ってました。
特に、女性誌よりも男性誌での募集の方が狙い目らしいです。
ただ、ハガキ+切手代とイラストなんかも書く手間暇は必要とも。。。
ネットでも私は何度か当たっているので、
こまめに応募していればそのうち当たるハズです。
そしてなにより、そういう知り合いを見つけることが、一番かもしれません。
試写会に当選すると、だいたい1名同伴できるようになっているので、
私はよく友達に連れていってもらったり、
予定が合わない時は、おこぼれにあずかったりしています。

その他にタダで見る方法と言ったら。。。
ズバリ映画館で働くこと。
ほとんどの劇場では、特典として自分の働く劇場ならタダで見れると思います。
なかにはその地区の映画館すべて見れたり、
従業員用に特別に試写を行ってくれる所もあるとか。。。
シネコンだったら見れる作品が広がりますね。
どうしたら働けるかって話もありますが、それはまた今度書こうかと思います。

だいぶ長くなってきたので、今日はここまで。
次回は、安く見る方法について、金券ショップの話をしようかと思います。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-15 07:34 | 映画館話*secret
血と骨:CHI to HONE
先週の土曜日、公開初日に『血と骨』を観てきました。

最近、彼氏と会う時間があまりなくて、
土曜日にレイトかオールナイトに行くというのが定番になりつつあります。。。

そんな余談はさておき。。。
世界の北野武ことビートたけし(逆?)が久々に俳優に専念したこの作品、
「暴力とエクスタシー、壮絶烈美のエロティシズム」
ってチラシに書いてあったのですが、ハンパじゃありません!
鈴木京香は犯し、中村優子には「死んでしまうわ」と言われ、その上濱田マリとも。
それ以外の時は暴力を振るうか、ご飯を食べてるか、自転車に乗ってるか。。。
こんな人物がいたんだという衝撃と、金俊平になりきったかのようなたけしには、
ただただ呆然。。。
金俊平の子供や甥や取り巻く人々を演じる面々も、
出番は短くても強烈な印象を残す人ばかり。
これぞ邦画!っていう作品を観た気がしました。

けれど私には、この作品の「血は母より、骨は父より受け継ぐ」
というコピーの意味が、いまいちわからなかったりして。
たしかに圧倒的なバイオレンス&エロスだったけれど、
金俊平という人がこれっぽっちも理解できないのです。
だから、「血と骨」の何をいったい受け継いだのか、
っていう一番大事であろう部分もわからなかったのです。

だって、海を渡ってくる時は「やってやるぞ」というような顔をしていたのに、
突然、気に入らないことがあるとすぐ暴力を振るって、
周りから恐れられる男に変貌しているなんて違和感が。
なぜ蒲鉾だったのかっていうのも、帰ってからチラシをもう一度読んでみて、
腕のいい蒲鉾職人だったからというのがわかったけれど、
そういう人間になっていった過程は一切語られることがなく、
お金や性に執着し、暴力を振るっても、どういう道理なのかわからないのです。
戦後の動乱なんて、生まれてないから知りませんが、
実際に生き抜いた金俊平という人物は、
もっと凄い本当の怪物だったんじゃないかと思うのに、それじゃまるで子供です。

って書くと酷い作品のようですが。。。そんなことはありません。
みんなすごい演技をしているのに、描き方がこれで良かったのだろうかと、
少し思っただけです。
特に濱田マリにはビックリ。
「あしたまにあ〜な」の印象が強かったので、少しショックでした。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-11-08 22:26 | 映画感想*review
episode 9
前回の予告通り、今日はさまざまな割引についての話を。

episode7で、一般以外はあくまでも割引料金なんだということを書いたのですが、
他にも割引料金というのはたくさんあるんです。

一番浸透しているのは、毎週水曜日のレディースデイですかね。
女性であれば、\1,000で見れる、お得な曜日です。
その為、水曜にしか映画は見ないと言う人もいて、かなり混雑する曜日でもあります。
ただし、単館系では実施していないところも。
例えばぴあやTOKYOウォーカーで映画スケジュールを見れば載っているので、
事前に確認することもできます。

そして、男性が\1,000で見れるお得な日と言えば。。。
毎月1日の映画サービスデイですね。
この日に限っては、誰でも\1,000で見ることができる訳です。
でも、混雑が予想されるのか、レディースデイ程は混まなかったりするんですよ。
ちなみに、私が働いていた銀座地区では、
去年の3月まで12月と1月以外は毎月第1水曜日が映画サービスデイで、
他の地区との連係が取れていなかったので、よく混乱されました。。。
映画館で「Every 1st day of the month!!」ってCMが流れる度に、
そんなCMやめてくれ〜〜〜っと思っていました。。。

それから、レイトショーや、オールナイトも割引料金を実施する所が多いです。
ただし、先行上映の場合は特別興業という扱いで、
学生、シニア、障害者の方以外、割引はなかったりします。
しかも、都内の映画館は、都の条例によって、終映が11時を過ぎる場合、
18才未満の入場はお断りという規則があって、
たとえ保護者が一緒でも入場することはできないことになっています。
よく、知らずに来た家族連れが、ダメだと知ると、
親がこそっと子供の分も一般で買おうとします。。。
その時にこちらが気付けばもちろん断わるのですが、
例えチケットを買えても、この場合は入場する際に止められてしまうので、
無駄になります。

話が逸れましたがその他にも、
例えば、クレジットカード、たいてい1枚は持ってたりしませんか?
それを窓口で提示すると、カードによって\200くらい割引になるんです。
ただし、これは本人限定で、他の割引サービスとの併用はできないです。
なので、すでに割引となっている学生やシニアの方や、
レディースデイ、レイトショーなどでは利用できません。
あくまでも一般の方でカードを所有している場合に限り、
\1,800のところを\1,600で見れるというものです。
これも劇場によっては、取り扱っていなかったり、
表示してなかったりするものもあるので、
どのカードが割引になるのかは、窓口で聞いてみるといいですよ。

それから、alizさんが指摘して下さった障害者割引。
障害者に認定されると赤い手帳を配布されるんですが、
それを窓口で見せると、本人と介護者それぞれ¥1,000で観れます。
うちの劇場は介護者2名までOKでしたが、他の劇場はどうなんでしょう。。。
※手帳の色は都道府県によって違うそうです。ちなみに東京都は赤らしいです。(by.alizさん)

次に、映像3団体。
映画の製作に関わる人たちが所属する団体があるんですが、
その団体に所属する人はAV3というカードを提示することで、
\1,000で見れるようになります。
ただし、全国の映画館どこでもというわけではなさそうです。。。

それと、アカデミー会員。
初日と日曜日以外という制限付きですが、これは提示するだけで入場できます。
ただし。。。
年会費をすでに払っているので、厳密にはタダという訳ではないです。
それに、入りたいと思っても、会員になるには様々な資格が。。。
私も入れるものなら入りたいです。

あと、今なら来年の6月末日まで、夫婦50割引というのもあります。
参加してない劇場もあるので、確認が必要ですが、
カップルでどちらか1名が50才を超えている場合、
免許証や保険証でそれを証明できれば、
それぞれ\1,000づつで見れるというものです。
これ、夫婦となってますが、夫婦である証明なんて、
戸籍を持ってくるわけにいかないですよね。
なので、カップルであれば大丈夫です。
どうみても親子にしか見えなかったりさえしなければ。。。

その他にも、劇場や、系列によっては、
独自の割引サービスを行っているところもあります。
日本の映画料金は海外と比べると高いと言われています。
できるだけお得に、たくさんの映画を見れたらいいですよね。

って訳で、次回は映画を安く見る方法について書こうかと思います。
でも今日はここまで。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-06 02:44 | 映画館話*secret
episode 8
今日は前回の「券種」の話をを踏まえて、より突っ込んだ話を。

前回、学生は学生証の提示が必要と書きましたが、
この学生と言うのが曲者で、どこからどこまでが範囲なのかわからない。。。
とよく言われます。
基本的には、高校・大学生を指しているのですけど、じゃあ専門は?となりますよね。
専門が許されるなら、予備校は?資格の学校は?生け花教室は?
学生証、持ってるんですけど。。。ってね。
私のバイトしていた劇場の曖昧なところ。。。これ、全部OKにしてました。
生け花教室や資格の学校の学生証を出された時は、
なんてド厚かましい。。。と思いましたが、面倒はごめんってな訳でOKです。
ただし、それはうちだけの話。
厳しい劇場では、特に単館系では明確な範囲が決まっています。
それは学生証を発行している学校が、財団法人であると言うこと。
もし財団法人と明記されてなかったら、
その学生証で通学定期が買えるかどうかっていうのがわかりやすいかと思います。

それから、よく子供を先に並ばせておいて、
親がチケットを買いに来るような場合がありますが、
証明は、場内に入場する際ではなく、チケットを購入する際に必要です。
代わりに買うなら、証明書を預かってくることが必要になります。
これは、友達同士や恋人同士で、先に着いた人が買おうとする時も同じです。
持ってないということになると、本人確認が必要になって、
並んでいるところからわざわざ窓口まで呼ぶことになったりするので、
気持ちは分かりますが、ご注意を。

そうそう。
前回のコメントで、ぱんでもにぅむさんが、
大学卒業後も学生証を提示してたって話をしてくれたんですが、
そういう人も中にはチラホラ。
学生証って、どこまで見てるの?って思ったことありませんか?
私の場合、ほとんど見てなかったです。。。
定期の場合は年齢と、学割のマークを確認してたんですけど、
学生証は、学生証だってわかれば問題なし。
だって、生け花教室の受講票でも学生になっちゃうような劇場ですからね。

ただし、それは私の場合であって、一緒に働いていた子の中には、
学生証は必ず窓口の中に入れてもらって、
手で持って両面はもちろん顔写真や生年月日まで確認したりするような、
お前はG-メンか、っていうぐらい徹底して厳しい子も。。。
その子はもちろん、学生証の隅から隅までを舐めるように見てました。。。

ただ私もたまに、見つけようとしなくても、見つけてしまうことがあって、
その時は見つけてしまった以上、一般料金を払ってもらってました。
向こうもわかってるので、仕方がないって感じで払っていきます。
それはそれでもちろん困るんですが、
高校生ぐらいだと、学生証を忘れたフリして、年齢をサバよもうとしたり、
いつまでも安くなるまでネバろうとしたり、悪質な人が多いので、
それにくらべるとサラっと払ってくれるその手の人は、まだいい方だったりします。

次回は、割引について書こうかと思ってます。
とりあえず、今日はここまで。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-04 18:33 | 映画館話*secret