secret*cafe
secret.exblog.jp
2005*May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
since*2004.3.14    休止中。そして、こっそりと>>>open24.exblog.jp
参加してみました
↓ポチッとな
人気blogランキング
カテゴリ
感想一覧*list
映画感想*review
映画雑記*column
映画館話*secret
検索
最新のトラックバック
Cialis.
from Cialis.
www sbg glob..
from www sbg global..
dice twister..
from dice twister a..
net ok school
from net ok school
www red felt..
from www red felt p..
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
Intimate Adu..
from Intimate Adult..
Interracial ..
from Interracial Si..
Interracial ..
from Interracial Pe..
Interracial ..
from Interracial On..
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク
Scarving 1979
ネタバレ映画館
【銀太郎的映画感想文】
CINEMA e MUSICA di FLUFFY
xina-shinのぷちシネマレビュー?
見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
<   2004年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
episode 6
せっかくカテゴリを作ったのに、まったく更新してない映画館話。
なので、分かってるようで本当は知らない?映画館でチケットを買う際の話を。

なんだか「HOW TO 初めての映画館」みたいですが。。。
映画館でチケットを買う際に必要なことと言えば、
「タイトル」と「券種」と「枚数」をしっかり言うこと。
当たり前のように感じるかもしれませんが、以外と知らない人って多いんですよ。
「いらっしゃいませ」と言っても、ただぼぉーっと突っ立ってるだけだったり。

という訳で、今日はまず「タイトル」の話を。

「タイトル」はもちろん、これから観る映画の作品名ですね。
一つの作品しか上映していない劇場もあるので、その場合は省略しても通じますが、
回ごとにチケットを分けて売っている場合もあるので、
「○○の××の回」と言った方がスマートです。

そうそう。劇場によっては、試写会の会場になったりするので、
その際は通常の上映を中止したり、時間を早める為に予告編の上映をしなかったり、
特別編成する場合があります。
そんな時はたいてい、はり紙や看板などで注意をうながすものですが、
たとえ気付かなくても「××の回」と言えば、買う前に変更点を教えてくれるので、
トラブルにならずに済みます。

ちなみに、試写会のチケットは買えませんのであしからず。
時々、「本日試写会につき。。。」なんてアナウンスしていると、
「すみません、試写会みたいんですけど、席あいてますか?」とか、
「幾らなんですか?」とか、「どうやったら見れるんですか?」なんて、
聞きに来る方がいます。。。
試写会へ行くにはいろいろ方法がありますけど、これはまたの機会に。。。

話が逸れましたが。。。一番重要なのはハッキリ言うことです。
「タイトル」を覚えてないのは困りますが、
多少間違っていてもハッキリと言えば通じますので、
恥ずかしがらずに大きな声でどうぞ。
という訳で、今日はここまで。
[PR]
by shima_risu | 2004-10-30 00:08 | 映画館話*secret
モンスター:MONSTER
一昨日、『モンスター』を観てきました。

なんだかとっても、哀しくって、やるせなくって、ズシリとくる映画でした。
実話って言うのもあるんだけれど、とにかくもう、
シャーリーズ・セロンの体当たり演技がほんとに凄かった!
体重13kgも増やして、体はブヨブヨ。
予告で「トリコロールに燃えて」が流れたのだけれど、もうまったくの別人。
顔は特殊メイクを施してるとは言え、お腹なんかでちゃってるし。。。

前にテレビでモデルとなったアイリーン・ウォーノスを観たことがあるのだけれど、
シャーリーズ・セロンに乗り移ったんじゃないかと思うくらい、
しゃべり方も、仕種も、歩き方も、まさにそこにアイリーン・ウォーノスがいる!
といった感じで、とってもあの正統派美人とは思えなかったです。
アカデミー賞、いくらでもあげちゃいたい。

でも、そんなシャーリーズ・セロンの気迫はホントに凄かったけど、
私は地味ながらもクリスティーナ・リッチの方が恐ろしかったりして。

最初は自分の身を守るためだったとは言え、
次第に自分の道理だけで何人も殺すようになるリー。
それは初めて自分を受け入れてくれたセルビーと一緒にいる為なのに、
セルビーはリーの寄生虫と化して、「なぜ売春をやめたの?」と怒り、
「ちゃんと私に食べさせて!」とのたまう。。。
リーはいつだってセルビーの方を向いているのに、セルビーは自分の方ばかり。。。
リーは殺人を冒した罪で捕まり、死刑になるのに、
セルビーはリーを裏切るばかりか、今も生きていることを考えると、
誰がモンスターなのか、わからなくなりました。。。

そんなセルビーを、クリスティーナ・リッチが見事に演じていて、
今も法廷でリーを指差すシーンが忘れられません。。。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-10-27 20:15 | 映画感想*review
シークレット・ウィンドウ:SECRET WINDOW
コラテラル」を観た後、続けて『シークレット・ウィンドウ』を観てきました。

観終わってみれば、他に犯人はあり得ないと思うし、
タネもこういう作品にはありがちなのに。。。
まったく気付かなかった!!!
これはもう、ジョニー・デップの魅力につきますね。

ボサボサ頭に黒ぶち眼鏡で、ガウンなんてほころびちゃってるし、
とにかくダメな男っぷりが、何故か魅力的に見えてしまうなんて、あら不思議。
郵便局の女の子が「カワイイ」と言うのも分かる気がします。
なんて、ジョニー・デップばかり観てたから、
まんまと惑わされてしまったのかもしれません。。。

そうそう。
スティーブン・キングの作品って、原作を読んだことがないので、
映像化することでそうなってしまうのか、元からそうなのかわからないけれど、
何割かの確率で、突然、大暴投しちゃう印象が私にはあって。。。
けれどこの作品は人間しかでてこなかったので、安心しました。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-10-25 22:46 | 映画感想*review
コラテラル:COLLATERAL
昨日、『コラテラル』の先行上映に行ってきました。

トム・クルーズ初の悪役って触込みの作品だったんですけれど。。。
たしかに今までのトム・クルーズとは人相が違う!
銀髪といい、理論的なところといい、冷徹な感じで、悪役も似合う似合う。
なんかただのいい人なトム・クルーズよりは、全然こっちの方が良い感じでした。

ただ内容的には、5人目のターゲットは簡単に予想がつくし、
警察との絡みがもう少しあってもいいような気も。
そして個人的に、あれで終わっちゃうのはちょっと物足りなかったです。
あぁ見せ掛けて、油断したところを。。。で、ニヤって笑う。。。
ってぐらい、とことんタフでも良かったんじゃないかなって。
まぁ、それだと地下鉄の話が絡まなくなっちゃうので、
これで良かったんだとは思いますが。
ちょっと期待し過ぎちゃったかもしれないです。

映像的にはLAの街並や夜景がとってもいい雰囲気で、
原作はNYかどこかの違う街らしいですが、設定を変えて成功だったと思います。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-10-24 20:47 | 映画感想*review
スクービー・ドゥー2 モンスターパニック:SCOOBY-DOO 2 monsters unleashed
先週の土曜日、公開初日に『スクービー・ドゥー』を見てきました。

彼氏が1を数年前に飛行機の中で観て、すっごく面白かったと言うので、
2も絶対見ると前売りを買い、初日に行くという気合の入れようだったのですが、
私の方は、2は予告でみたけれど、1は観てないし。。。
とあまり乗り気じゃなかったりして。
でもまったく問題なし!
このノリにさえついていければ。

そう、この映画の問題は、1を観てるかどうかじゃなくて、
このノリについていけるか、ってトコ。
だって、スクービー、犬ですよ。しかもフルCGですよ。
それがしゃべるわ、バカやるわ、ダンスするわ。
ハッキリ言って、真面目な方には向いておりません。
しかも、そんなに大笑いするほど面白いことを言う訳でもなかったりするし。
でも、サイケでポップなキャラはかわいかったです。
いかにもアメリカって感じ。
でも、日本人には。。。合わないだろうな、と思ったりして。
げんに、私達以外のお客さんはクスリともしてませんでした。。。

彼氏はどうも、感性が日本人離れしているようで、観終わった後、
「面白かった〜。ね。。。あれ?こういうの嫌い?こういうの嫌い?」
と言っておりましたが。。。
嫌いじゃないけど、そこまで面白くもなかったです。
ゴメンネ。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-10-19 02:23 | 映画感想*review
インファナル・アフェアII無間序曲:INFERNAL AFFAIRS2:無間道II
バイオハザード」に引き続き、
シリーズ物繋がりで『インファナル・アフェア』を見てきました。
実は、観たのは先週の金曜日だったのですが、
なんて書いたらいいのかまとまらなくて、今になっちゃいました。

前作が私の中でかなりのヒットだったので、
今作は非常に楽しみだったのと同時に、期待もかなりのものでした。
でも、アンディ・ラウ、トニー・レオンが出ないということで、
そこが心配でもあったのですが。。。

やっぱり、あの二人とくらべてしまうと、
エディソン・チャン、ショーン・ユウは迫力がいまいち。
でも、すごく新鮮な感じがして、
アンソニー・ウォンやエリック・チャンの盛りたてっぷりも良かったし、
ガッカリする程ではなかったです。

今作は前作から遡って、お互いがスパイになる経緯などが描かれていて、
これが1に繋がるのかと思うと、なんかとっても切なかったです。
あぁ、だから。。。ここに繋がるのか。。。そうなってしまうのね。。。
と納得できることも多くて、
2はストーリー的にも、キャスト的にも、盛り下がるなんていう人もいるけれど、
この2なくして、1も、この映画自体も語れないと思いました。

こうなると早く観たいのが3。
来年のG.W.公開予定ということなので、待ち遠しいです。
香港ではとっくに公開されてるのに。。。遅いっっ!!

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-10-15 05:23 | 映画感想*review
バイオハザードIIアポカリプス:RESIDENT EVIL apocalypse
金曜日に『バイオハザード』を観てきました。

いやー、ド派手なアクション連発で、本当にゲームの世界に入り込んだみたい。
これならゲームファンでも納得じゃないかなって思います。

ただ私は、始まって少しの間、「28日後...」を観ているような気が。。。
誰もいない病院、廃虚と化した街、
そしてゾンビ(28日後...のように走らないけど)とサバイバル。
この辺の要素がどうしても、被ってしまったんですよね。

かといって、不満足という訳では決してなく、
強い女の人ってのはカッコイイ!とシビれておりました。

とにかく、ミラ・ジョボビッチ、スゴイです。
ブラジルのカポエイラ(どんなものかはよく分からないです)を
特訓したと言っていただけあって、墓場のシーンなんかは迫力充分でした。

でも、私の心を射止めたのは、ミラではなくて、シエンナ・ギロリー。
ジルそのもののクールビューティ。
で、調べてみたら、もとは金髪なんですね。
しかも、彼女のでてる作品、結構観てました。
「ラブ・アクチュアリー」「タイムマシン」「キスキスバンバン」etc...
まったく印象になかったなぁー。
ほとんどチョイ役なので仕方ない気もしますけど、これからは注目していきたいです。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-10-10 16:41 | 映画感想*review
華氏911:FAHRENHEIT 9/11
やっとこさ『華氏911』を観てきました。

ブッシュ批判ばかりクローズアップされて、
政治的に偏った映画だと言われているけれど、
実際に観てみて思ったのは、それでも観て良かったってこと。

もちろん、観て分かる通り、彼はブッシュが大嫌いなんだろうし、
この映画はそんな彼の思想に基づき、彼の手によって編集されたVTRと、
彼の強烈なメッセージによって構成されている訳で、
これはまったくもって偏った映画だと言われても仕方がないでしょう。

でもそれは、決してTVで放送されることのない、
つまり、TVの前でぼんやりしている私たちには届くことのない、
ある一部の事実の側面を写し出していることには変わりないと思うのです。

だからその点において、この映画は見る価値があると思うし、
見ることによって、もっと関心を持つなり、自分なりの意見を持つなりするための、
ツールとしても価値があると思うのです。

つまりこの映画でマイケル・ムーアが見せてくれるものは、
あくまでもひとつのアンチテーゼであって、
マスコミが言うような単なるブッシュ批判だけの映画とは言い切れない気がしました。

ただし。。。
4年前の大統領選のことや、9.11のテロの背景、アメリカの貧富の差と、
民主党、共和党の勢力図など、時事問題に興味があって、
ある程度の知識のある人でないと、
理解できないところが多いかもしれないのが難点かも。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-10-03 03:58 | 映画感想*review
スウィングガールズ:SWING GIRLS
今日は招待券をもらったので『スウィングガールズ』を観てきました。

正直言って、矢口史靖監督と言えば、
どうしても「ウォーターボーイズ」が脳裏に浮かんでしまって、
「ボーイズ」の次は「ガールズ」ですか。。。
という感が否めなくて、まったく期待してなかったんですけれども。。。

面白かったです、矢口史靖監督ごめんなさい。
久しぶりにエンドロールが終わるまで誰1人立たない映画を観ました。
お客さんの中に初老の外国人の方がいて、
あんなに訛ってるし、おそらく日本語はわからないと思うのだけれど、
すごく楽しそうに大笑いして、
終わった後も「シングシングシング」を鼻歌してたのが印象的でした。
そう、この映画のユーモアとJAZZは、
言葉なんて分からなくても通じるものなんですね。

とは言っても、突然バスが迎えに来たり、多々強引な点も感じて、
一緒に観た友達が「やっぱりウォーターボーイズの方が好き」と言ったのも、
なんとなく分かる気もしました。
でも、監督は敢えて、2尾目のどじょうを狙ったのかな、とも思ったりして。
なので、言葉は悪いけど、
堂々の二番煎じ、っていうのが最大の賛辞なのかも、と思いました。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-10-01 01:18 | 映画感想*review