「ほっ」と。キャンペーン
secret*cafe
secret.exblog.jp
2005*May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
since*2004.3.14    休止中。そして、こっそりと>>>open24.exblog.jp
参加してみました
↓ポチッとな
人気blogランキング
カテゴリ
感想一覧*list
映画感想*review
映画雑記*column
映画館話*secret
検索
最新のトラックバック
Cialis.
from Cialis.
www sbg glob..
from www sbg global..
dice twister..
from dice twister a..
net ok school
from net ok school
www red felt..
from www red felt p..
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
Intimate Adu..
from Intimate Adult..
Interracial ..
from Interracial Si..
Interracial ..
from Interracial Pe..
Interracial ..
from Interracial On..
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク
Scarving 1979
ネタバレ映画館
【銀太郎的映画感想文】
CINEMA e MUSICA di FLUFFY
xina-shinのぷちシネマレビュー?
見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
カテゴリ:映画館話*secret( 16 )
episode 16
昨日、バイトの面接に行ってきたので、
私が映画館の面接を受けた時の話でもしてみようかと思います。

■募集媒体はフロムA。
友達と遊んでいる時に、バイト探し中だったのでフロムAを買って、
あぁでもない、こうでもないと言いながら見ていたら、
たまたまそこに映画館の募集が。
その友達が映画館バイトの経験者だったこともあって、
応募してみなよという話になり、次の日に電話。
3日後に面接することに。
その友達と遊んでいなかったら、
映画館でバイトしようとは思っていなかったかも!

■面接はダメ元。
面接当日は、映画館の募集なんてなかなかないし、
さぞかし倍率も高かろう、ダメで元々と思って、まったく緊張しませんでした。
それがかえって良かったのかもしれません。
内容は、簡単な業務内容の説明があって、週にどのくらい入れるかと、
制服があるので服のサイズの質問、それから最近見た映画についての雑談。
「あとはいいや、別に大丈夫だよね」と言われ、
「採用の場合は1週間以内に電話します」と、10分ほどで終了。
かなり省略した模様でした。。。
そして、2日後には電話が。
けれど予定が合わずに、初出勤はそれから1週間後になりました。

■面接官の好み。
その後実際にバイトを初めて分かったことがありました。
私を面接したのは、人事担当じゃない人だったのです。
映画館というのは、ローテーションで勤務を回しているので、
人事担当の人がいつもいる訳ではないのです。
なので、人事担当が8割。
残りの2割を、その時は2人で分担して面接していたようです。
しかも、その2人というのがクセ者で、
人事担当者はもちろん、適正なんかを見ながらちゃんと面接するのですが、
どうもこの2人は自分の好みで採用してるんですね。
1人はスラっとしたきれいめな女の子が好みで、
彼が採用した子はすぐわかります。。。
そして私を面接した残りの1人は、秋葉原によくいそうな人。。。
通称秋葉クンとでもしましょう。
小柄で童顔で、声に少し特徴のある私は、その方面の人に割と好かれるのですが、
彼もまた、私のようなタイプが好きだったようで、無事採用になったという訳です。
もちろん、彼の採用する子もすぐわかります。。。
という訳で、私の面接官が秋葉クンだったことは、
なんとも運のいい出来事だったのですねー。
別の人に面接されていたら。。。落ちていた可能性大。

ちなみに、昨日の面接も無事採用となりました。
さぁて、働くかー!

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2005-01-21 17:33 | 映画館話*secret
episode 15
遠くから眺めているだけだったらとても魅力的に思えたのに、
近づいてみたらとんでもない代物だったというのはよくあるお話。

映画館での場合、
映画興行の裏側を知ってしまうことはもちろんそうだけど、
それとは別で、芸能人(有名人)の素顔を知ってしまうことがある。
それは例えば、お客様として。
はたまた、舞台挨拶の出演者として。

我々一般の人間は、頭では演技だと分かっていながらも、
例えば悪役ばかり演じる人は、
本当に悪党なんじゃないかとか、なんだか怖そうだとか、
近寄りがたいなどとスクリーンに映った姿を本人と錯覚してしまいがちだ。
でも実際のところはとても穏やかだったり、
話を聞いてみたらとても面白かったりすることもある。

けれど問題なのは、その逆だった時。
こないだ来日したある女優は、私の知り合いたちに舌打ちをしていったという。。。
機嫌が悪かったのか、日本人が嫌いなのか、
ただそこにいただけの人間に舌打ちするなんて、どういう人間だろうと思った。
私はその女優が好きだった。今もかわいいとは思う。
けれど、見る目が変わったのは確かだ。
スクリーンに映る俳優≠俳優そのもの
それはわかっているハズなのに、
その後に見た映画での彼女はあまりよく見えなかった。
そんなことが時々ある。

芸能人を間近で見られてうらやましいとよく言われたが、
いいことばかりでもないのが、現実だ。
芸能人目当てに映画館で働きたいと思ってる人がいたら、
よく考えた方がいい。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2005-01-20 11:10 | 映画館話*secret
episode 14
Gunさんから「私立探偵濱マイク」の井川遥の話が出たので、
今日はそのネタいただきます。
Gunさんありがとうございます!

濱マイク、あたし大好きなんです。
2、3年前にTVドラマでやってたので、覚えてる人もいるかも。
ちなみにあたしは映画版の方が好きですが、その話は置いといて。
井川遥は、TVドラマ版で横浜日劇のモギリの女の子をやっていたんですよね。
で、印象的なのが、いつもこっくりこっくり居眠りしてるんです。
あれって、TVドラマだからで、実際にはそんなことないかと言うと、
あるんですね〜。
あたしがバイトしてた劇場のモギリは立ったままなので、
さすがにモギリで寝ちゃうような子はいませんけど、
出札では時々あるお話です。
出札の中には、いすが置いてあって、そこから動かなくてもいいように、
必要なものはすべて手の届く範囲に置いてあります。
空調が利いていて、BGMがかかってて、
外界とは完全に隔離された空間なんですよね。
そこに一人で、しかもお客様が来ない。。。
最初は前を通る人を観察したり、その辺の紙に落書きしたりしてるんですけど、
だんだん眠気が。。。
しかも朝が早かったりするとなおさら。
あたしは完全に眠ってしまったことはないんですけど、
バイト仲間の中には、こっくりした時に、
前に置いてあったマイクで頭を打ったとか、
ひどい人だとお客様に起こされたなんてことも。。。
特に、2時〜4時くらいのお昼休憩後はヤバいです。
なので、混む映画もイヤですが、暇すぎる映画もみんないやがります。
という、濱マイクとも井川遥ともあまり関係ないお話でした。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2005-01-14 04:46 | 映画館話*secret
episode 13
episodeと言っておきながら、全然episodeじゃなくなってしまったので、
軌道修正することにしました。

でも何から書こうか迷ったので、独り言をつぶやいてみたところ、
THさんがネタを提供してくださったので、今回はそれに答えてみます。
THさんありがとう!!
(ちょっと姑息な手だったなぁ。。。反省)

「なんか映画見ようと思うんだけど、どれが面白いかな~」とかって、
ベタベタ話しかけてくる人とかいないのでしょうか?

A.います。
年配の、特におじいちゃんが多いです。
あ。でも、年配の方は、映画とは関係なく気軽に話かけてくることが多いです。
コミュニケーションに飢えてるのかなぁっていうのが、
バイト仲間での結論なんですけどね。
ちょっと失礼かな。。。?
中には、ひとしきり話した後に、「あんぱん食べなさい」って、
あんぱんを置いていってくれるおばあちゃんとかもいたり。。。
(ちなみにそのおばあちゃんは友達が何人か接客)
で、話を戻しますが、「どれが面白い?」って聞かれるのって、
実はかなり困ります。。。
バイト仲間の中でも、映画の好みって驚くぐらいバラバラだし、
映画の評価ってほんとに人それぞれですよね。。。
あたしは面白いと思っても、
お客様まで面白いと思っていただけるかはわからないし、
面白いですよと薦めたのに、面白くなかったと文句を言われたらどうしよう。。。
なんて風にも考えるし、
基本的には自分の劇場で上映してるものを薦める立場だけど、
お世辞にも面白いと言えない場合だってあるし。。。
もうとにかく、この質問が来るたびに、みんな必ず「う〜ん、そうですね〜」って、
答えにつまります。。。
まぁ、こうやって質問してくるおじいちゃんは、映画の事前リサーチというよりも、
これから見る映画を決める手助けをしてほしいという場合が多いので、
あたしの場合は、映画のチラシを見せながら、どんな映画か簡単に説明して、
反応が芳しくなかったら、近くの別の劇場の作品を説明してましたね。。。
でも、見終わった感想を聞いたことはないので、
その対応であっていたのか今でもわからないのが心残りです。

あるいは「ぼ、ぼ、ぼく…、あ、あ、あの…」とか言って、
手を握ろうとしてくる人とか(笑)

A.いません(笑) 注:あたしは!
あたしが働いていた劇場の窓口はガラスで仕切られていて、
会話はマイクを通してでないとできないようになっていました。
だいたいどこもそんなに変わらない作りになってるので、
想像しやすいと思うんですけど、台の上に小さな穴があいていて、
お金のやりとりはそこを通すんですよね。
実際に測ったことがある訳じゃないのでカンですが、
縦2cm×横20cmぐらいだったと思います。
ちょうどチラシが通せて、手の甲がひっかかるぐらいなので。
で、ポイントは手の甲がひっかかるってトコ!
つまり、手首まで出せないんですよ。
だからガラスの向こう側には指ぐらいしか出てないと思うんですよね。
しかも、お金を集めるのって瞬時だから、手なんか握ろうと思っても、
握れない気がします。。。
逆に、向こう側から手を入れようと思っても、男の人のゴツい手じゃ、
指先しか入らないと思います。
あ。あと、お客様からナンパされたことも記憶にないです。
接客してたお客様が、
突然かけていたサングラスをはずして見つめてきたことがあったので、
バイト仲間から惚れられたとからかわれたことはあったけど、
それぐらいしか思い浮かびません。。。
実際に声をかけてくるほど奇特な方はなかなかいないものです。。。
残念なことに。
あるとすれば、小学校の同級生(男)に声をかけられたことぐらいかな。。。
スッピンだったので恥ずかしかったです。
しかも向こうはお母様まで一緒で、すっごいヒヤ汗をかきました。
たぶん、ヒヤ汗が臭うぐらい。。。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2005-01-13 02:56 | 映画館話*secret
episode 12
前回からかなり時間が経ってしまったけれど、
安く映画を見る方法について最後の話を。

今まで何通りか書いてきましたが、
一番確実な方法と言えば、劇場の窓口で買うというのがあります。
劇場では公開前に限って、前売り券を販売しています。
よく、公開されているのに、劇場に前売り券を買いにくる方がいますが、
あくまでも公開前に宣伝などをかねて安く販売するから前売り券と言うので、
あしからず。。。
そして公開前ということは、祝日などが絡まない限り、
土曜日が公開日となることがほとんどですから、
前日の金曜の夜までが販売期間となります。
ちなみに、私の働いていた劇場ではたとえ窓口が開いていても、
7時までとなっていました。
これは劇場によって異なると思いますが、参考までに。

ただし、前売り券と言っても、
発売日、券種、値段、ノベルティー、これらすべて配給会社が決めるのですが、
作品によっては、そもそも作られないものもあったりします。
基本的には一般券のみですが、子供向けの映画は子供券も、
カップルで入りそうな作品にはペア券も、
といったように券種が複数作られたり、
値段も、大体は¥1,300ですが、単館系は¥1,500が主流ですし、
¥1,000特別なんてものもあったり、様々です。

そして窓口で買う最大の魅力は、
なんといってもノベルティーが手に入ることでしょうか。
これも作品によっては作られないこともありますが、
第1弾、第2弾、なんて風に期間によって変わるものや、
何種類も作る凝ったものもあります。
ただし、通常は限定○○個となっているので、早く買うことをお勧めします。
また、各劇場へのノベルティーの配分も配給会社で決められるので、
なるべく大きな劇場、特にメイン館で買うことをお勧めします。
その時は事前に電話で確認するといいですよ。
何個残っているとまでは教えてくれなくても、
まだ大丈夫とか、お早めにとか、今日中なら持ちそうとか、
その程度のことなら教えてくれるかもしれません。
この手の問い合わせは大変多いので、
まったく教えてくれないということもないと思います。
少なくとも、私が働いていた劇場ではそういった案内をしていました。

途中、だいぶ間があいてしまいましたが、
これで映画を安く見る方法は完結です。
また何か思い出したことがあったら、追加で書くかもしれません。
では、今日はここまで。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2005-01-12 05:15 | 映画館話*secret
episode 11
今日は映画を安く見る方法について、金券ショップの話を。

私もよく利用する金券ショップ。
映画館では、上映前に前売り券というものを発売しますが、
金券ショップではこの前売り券を、仕組みはわかりませんが、
窓口で買うよりも少し安い金額で売っていたりします。
しかも、公開後も品切れになるか、
上映が終了するまで販売しているので、大変便利です。
また、ほとんどの人は前売り券にしか手を出さないと思いますが、
実は株主招待券というものがあり、これは東宝や松竹など、
配給を行っている株式会社が株主に対して配当する招待券なのですが、
金券ショップに売ってしまう方がいるのですね。
これも売っています。
その他にも、劇場招待券というものもあって、これも非売品ですが、手に入ります。
サービスデイやレイトショーと違って、曜日や時間を気にせず安く見れる手段なので、
利用する人も多いかもしれません。

ただし!
気をつけなければならないことが何点かあるのです。

まず、前売り券を買う際には、全国券か劇場指定券か確認すること。
全国券は上映期間中、どの映画館でも使えますが、
劇場指定券は使える劇場が限られています。
見る劇場が決まっている場合は、
その劇場が記載されているか確認するようにした方がいいですよ。

次に、株主招待券の場合は、東宝なら東宝系列でしか利用できないということ。
そして、有効期限があるということ。
また、1枚で入場できる所と、2枚必要な所があるので、裏面で確認を。
それから、あくまでも非売品だということも、
頭に入れておいた方がいいかもしれません。
私が働いていた劇場では、大作映画の上映期間中で混雑する時には、
土日祝日に限り、株主招待券のお客さまはお断りしていました。
つまり、持っていても、使えないのです。
でも、劇場にそのことで文句を言っても無駄です。
劇場側の理論はこうです。
このことは券面にも書いてあり、
本当に株をお持ちの方なら理解していただけるはずだ。
なぜなら、混雑時に株主招待券を使うということは、
一席分の利益がなくなるということで、
自分にとっても利益にはならないはずだから。。。
まして非売品であるはずの招待券を株主でもない人が持ってるとなれば、
丁重に追い返されるだけです。
運良く人のいい社員に対応されて見れる場合もあるかもしれませんが、
それは期待しない方が賢明です。
そして、株主招待券は先行上映などの特別興業では使えない所がほとんど、
ということも覚えておくといいかもしれません。

最後に劇場招待券ですが、あまりこれには手を出さない方が。
というのも、これは名前でわかるようにその劇場のみで使えるもので、
だいたいこれにも有効期限があります。
あまり使い勝手がよくないので、
今まさに劇場に行く所ならいいのですが、前もって買っておくのはお勧めできません。
しかも。
例えば大きな映画館では、○○1と○○2という劇場(○○は同じ名前)が、
隣接していることがよくあります。
○○という所までは覚えていたのに、
1だか2だかわからないなんてこと、ありそうですよね。
そんな時、○○1という劇場招待券を持っていたら、
同じ場所にあっても○○2では使えないのですね。
その上、まれに劇場のキャパシティーとお客さんの入り具合によって、
○○1と○○2は上映を入れ替えることがあったり。。。
もちろんそれは映画館側の都合なので、なんらかの配慮はしてくれますが、
スムーズにはいかない場合もあるので、やっぱりお勧めできないです。
そして、この券も先行上映などの特別興業には使えない所がほとんどです。

金券ショップの店員さんは、売れない券や期限が迫ってる券を、
勧めてくることが多々あります。
価値があるうちに在庫を処分したいんですから当然ですよね。
でもそれがのちのちトラブルになったりするので、要注意です。
これらのことは、金券ショップでは教えてくれないので、
自分達で注意するしかないのですね。。。

ちょっと長くなりましたが、今日はここまで。
次回は劇場窓口の話をしようかと思います。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-16 09:00 | 映画館話*secret
episode 10
予告通り、今日から数回、映画を安く見る方法についての話を。

まず、一番安く映画を見る方法といったら、やっぱり試写会でしょう。
なんてったってタダでご招待な訳ですから。
ただし、映画関係者でもなければ何もせずに招待されることなんてありません。
じゃあ私達は試写会に行くことはできないのか。。。
そんなことはありません。
映画配給会社では、コメントを取るためや、反応を見るために試写会を実施します。
公開の半年も前に、スニーク・プレビュー(覆面試写会)なんて、
映画を明かさずに行ったりすることもあります。
よくワイドショーで見る、完成披露試写会やジャパンプレミアにも、
一般招待客枠があり、スターを間近に見れるチャンスです。
また、企業が宣伝やアンケートを兼ねて、試写会を行うこともあります。
そして、テレビ局や雑誌などあらゆるメディアが主催・協賛して、
試写会への応募を受け付けているので、そこに応募するのです。
ほら、exciteさんでも。
試写会は結構行われているものです。
ただし、当たるか当たらないか、ギャンブル性が高いのと、
年齢制限があったり、女性限定だったりすることもあり、
日時と場所が決まっているのが難点ですね。。。

しょっちゅう当てている友達の経験では、
ネットで応募するよりも、ハガキで応募する方が、確率がいいと言ってました。
特に、女性誌よりも男性誌での募集の方が狙い目らしいです。
ただ、ハガキ+切手代とイラストなんかも書く手間暇は必要とも。。。
ネットでも私は何度か当たっているので、
こまめに応募していればそのうち当たるハズです。
そしてなにより、そういう知り合いを見つけることが、一番かもしれません。
試写会に当選すると、だいたい1名同伴できるようになっているので、
私はよく友達に連れていってもらったり、
予定が合わない時は、おこぼれにあずかったりしています。

その他にタダで見る方法と言ったら。。。
ズバリ映画館で働くこと。
ほとんどの劇場では、特典として自分の働く劇場ならタダで見れると思います。
なかにはその地区の映画館すべて見れたり、
従業員用に特別に試写を行ってくれる所もあるとか。。。
シネコンだったら見れる作品が広がりますね。
どうしたら働けるかって話もありますが、それはまた今度書こうかと思います。

だいぶ長くなってきたので、今日はここまで。
次回は、安く見る方法について、金券ショップの話をしようかと思います。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-15 07:34 | 映画館話*secret
episode 9
前回の予告通り、今日はさまざまな割引についての話を。

episode7で、一般以外はあくまでも割引料金なんだということを書いたのですが、
他にも割引料金というのはたくさんあるんです。

一番浸透しているのは、毎週水曜日のレディースデイですかね。
女性であれば、\1,000で見れる、お得な曜日です。
その為、水曜にしか映画は見ないと言う人もいて、かなり混雑する曜日でもあります。
ただし、単館系では実施していないところも。
例えばぴあやTOKYOウォーカーで映画スケジュールを見れば載っているので、
事前に確認することもできます。

そして、男性が\1,000で見れるお得な日と言えば。。。
毎月1日の映画サービスデイですね。
この日に限っては、誰でも\1,000で見ることができる訳です。
でも、混雑が予想されるのか、レディースデイ程は混まなかったりするんですよ。
ちなみに、私が働いていた銀座地区では、
去年の3月まで12月と1月以外は毎月第1水曜日が映画サービスデイで、
他の地区との連係が取れていなかったので、よく混乱されました。。。
映画館で「Every 1st day of the month!!」ってCMが流れる度に、
そんなCMやめてくれ〜〜〜っと思っていました。。。

それから、レイトショーや、オールナイトも割引料金を実施する所が多いです。
ただし、先行上映の場合は特別興業という扱いで、
学生、シニア、障害者の方以外、割引はなかったりします。
しかも、都内の映画館は、都の条例によって、終映が11時を過ぎる場合、
18才未満の入場はお断りという規則があって、
たとえ保護者が一緒でも入場することはできないことになっています。
よく、知らずに来た家族連れが、ダメだと知ると、
親がこそっと子供の分も一般で買おうとします。。。
その時にこちらが気付けばもちろん断わるのですが、
例えチケットを買えても、この場合は入場する際に止められてしまうので、
無駄になります。

話が逸れましたがその他にも、
例えば、クレジットカード、たいてい1枚は持ってたりしませんか?
それを窓口で提示すると、カードによって\200くらい割引になるんです。
ただし、これは本人限定で、他の割引サービスとの併用はできないです。
なので、すでに割引となっている学生やシニアの方や、
レディースデイ、レイトショーなどでは利用できません。
あくまでも一般の方でカードを所有している場合に限り、
\1,800のところを\1,600で見れるというものです。
これも劇場によっては、取り扱っていなかったり、
表示してなかったりするものもあるので、
どのカードが割引になるのかは、窓口で聞いてみるといいですよ。

それから、alizさんが指摘して下さった障害者割引。
障害者に認定されると赤い手帳を配布されるんですが、
それを窓口で見せると、本人と介護者それぞれ¥1,000で観れます。
うちの劇場は介護者2名までOKでしたが、他の劇場はどうなんでしょう。。。
※手帳の色は都道府県によって違うそうです。ちなみに東京都は赤らしいです。(by.alizさん)

次に、映像3団体。
映画の製作に関わる人たちが所属する団体があるんですが、
その団体に所属する人はAV3というカードを提示することで、
\1,000で見れるようになります。
ただし、全国の映画館どこでもというわけではなさそうです。。。

それと、アカデミー会員。
初日と日曜日以外という制限付きですが、これは提示するだけで入場できます。
ただし。。。
年会費をすでに払っているので、厳密にはタダという訳ではないです。
それに、入りたいと思っても、会員になるには様々な資格が。。。
私も入れるものなら入りたいです。

あと、今なら来年の6月末日まで、夫婦50割引というのもあります。
参加してない劇場もあるので、確認が必要ですが、
カップルでどちらか1名が50才を超えている場合、
免許証や保険証でそれを証明できれば、
それぞれ\1,000づつで見れるというものです。
これ、夫婦となってますが、夫婦である証明なんて、
戸籍を持ってくるわけにいかないですよね。
なので、カップルであれば大丈夫です。
どうみても親子にしか見えなかったりさえしなければ。。。

その他にも、劇場や、系列によっては、
独自の割引サービスを行っているところもあります。
日本の映画料金は海外と比べると高いと言われています。
できるだけお得に、たくさんの映画を見れたらいいですよね。

って訳で、次回は映画を安く見る方法について書こうかと思います。
でも今日はここまで。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-06 02:44 | 映画館話*secret
episode 8
今日は前回の「券種」の話をを踏まえて、より突っ込んだ話を。

前回、学生は学生証の提示が必要と書きましたが、
この学生と言うのが曲者で、どこからどこまでが範囲なのかわからない。。。
とよく言われます。
基本的には、高校・大学生を指しているのですけど、じゃあ専門は?となりますよね。
専門が許されるなら、予備校は?資格の学校は?生け花教室は?
学生証、持ってるんですけど。。。ってね。
私のバイトしていた劇場の曖昧なところ。。。これ、全部OKにしてました。
生け花教室や資格の学校の学生証を出された時は、
なんてド厚かましい。。。と思いましたが、面倒はごめんってな訳でOKです。
ただし、それはうちだけの話。
厳しい劇場では、特に単館系では明確な範囲が決まっています。
それは学生証を発行している学校が、財団法人であると言うこと。
もし財団法人と明記されてなかったら、
その学生証で通学定期が買えるかどうかっていうのがわかりやすいかと思います。

それから、よく子供を先に並ばせておいて、
親がチケットを買いに来るような場合がありますが、
証明は、場内に入場する際ではなく、チケットを購入する際に必要です。
代わりに買うなら、証明書を預かってくることが必要になります。
これは、友達同士や恋人同士で、先に着いた人が買おうとする時も同じです。
持ってないということになると、本人確認が必要になって、
並んでいるところからわざわざ窓口まで呼ぶことになったりするので、
気持ちは分かりますが、ご注意を。

そうそう。
前回のコメントで、ぱんでもにぅむさんが、
大学卒業後も学生証を提示してたって話をしてくれたんですが、
そういう人も中にはチラホラ。
学生証って、どこまで見てるの?って思ったことありませんか?
私の場合、ほとんど見てなかったです。。。
定期の場合は年齢と、学割のマークを確認してたんですけど、
学生証は、学生証だってわかれば問題なし。
だって、生け花教室の受講票でも学生になっちゃうような劇場ですからね。

ただし、それは私の場合であって、一緒に働いていた子の中には、
学生証は必ず窓口の中に入れてもらって、
手で持って両面はもちろん顔写真や生年月日まで確認したりするような、
お前はG-メンか、っていうぐらい徹底して厳しい子も。。。
その子はもちろん、学生証の隅から隅までを舐めるように見てました。。。

ただ私もたまに、見つけようとしなくても、見つけてしまうことがあって、
その時は見つけてしまった以上、一般料金を払ってもらってました。
向こうもわかってるので、仕方がないって感じで払っていきます。
それはそれでもちろん困るんですが、
高校生ぐらいだと、学生証を忘れたフリして、年齢をサバよもうとしたり、
いつまでも安くなるまでネバろうとしたり、悪質な人が多いので、
それにくらべるとサラっと払ってくれるその手の人は、まだいい方だったりします。

次回は、割引について書こうかと思ってます。
とりあえず、今日はここまで。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-04 18:33 | 映画館話*secret
episode 7
なぜか「HOW TO 初めての映画館」になってしまった映画館話。
今日は「券種」についての話を。

「券種」とは、一般、学生、シニアなどのことです。
払う金額が変わってきますので、ここはしっかりと申告を。
ちなみに現在は、
一 般 ¥1,800
学 生 ¥1,500
中小人 ¥1,000
シニア ¥1,000
としているところが大多数です。
作品によっては、幼児料金や均一料金が設定される場合もあります。
また、単館劇場では独自の料金体系を設定している場合もあるので、
一概には言えないことも。。。

で。よくトラブルになるのが、学生、中小人、シニアである場合、
それを証明できなければ、一般であるということ。
あたしのバイトしていた劇場は極端にお客さんと揉めるのを避けていたので、
その辺の基準がかなり曖昧だったのですが。。。
ほとんどの劇場では、学生は学生証の提示がなければ学生料金にはなりません。
あくまでも、学割と思っておいた方がいいです。
つまり、16才であっても、高校に進学していない人もいるわけで、
そういう人は一般になります。
学生証を提示できないと、高校生や大学生ではない一般と見なされる訳です。
これは例え、制服を着ていても、です。
今は制服なんてどこでも手に入りますし、
私の通っていた高校は私服だったにも関わらず、好きで制服着ていた子もいたくらい。
趣味で着る方もいるでしょう、という理由からです。
また、劇場によっては定期でも認められない場合もありますので、
定期よりも学生証を提示する方が無難です。

次に中学生は、劇場によっては生徒手帳の提示が必要になってます。
これは特に、公立に通っていると、
使う場面がなくて携帯する習慣がないと思いますので、ご注意を。
よく親が「見れば分かるだろ!」と逆ギレする場面に遭遇しましたが、
それは自分の子供だからで、他人からはわかりません。
子供の発育はまちまちで、高校生かと思うほど大人びた子や、
小学生かと思うほど幼い子はたくさんいます。
やはりここも、証明が必要とされる場合があるのです。
小学生は、私の通っていた小学校では児童手帳が発行されていましたが、
ほとんどの公立校ではないとのこと。
特に証明は必要ありません。

それからシニアの場合は、劇場によって扱いがまちまちです。
私のバイトしていた劇場は自己申告制をとっていましたけれど、
必ず保険証やシルバーカードでの証明が必要な劇場もありますし、
そもそもシニア料金を設定していない劇場も。。。
一応¥1,800用意しておいた方が、得した気がするかもしれないですね。

という訳で、あくまでも一般¥1,800が基本料金であって、
学生やシニアというのは割引サービスなんだということがわかるかと思います。
でも、これ、私も映画館で働いてみてわかりましたけど、
ほとんどの方に理解されていないようですね。。。
表示自体もわかりにくかったりするし。。。
少しでもトラブルが減ることを願ってます。

と言うわけで、次回はもっと突っ込んだ話を。
でも、今日はここまで。
[PR]
by shima_risu | 2004-11-02 17:24 | 映画館話*secret