secret*cafe
secret.exblog.jp
2005*May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
since*2004.3.14    休止中。そして、こっそりと>>>open24.exblog.jp
参加してみました
↓ポチッとな
人気blogランキング
カテゴリ
感想一覧*list
映画感想*review
映画雑記*column
映画館話*secret
検索
最新のトラックバック
Cialis.
from Cialis.
www sbg glob..
from www sbg global..
dice twister..
from dice twister a..
net ok school
from net ok school
www red felt..
from www red felt p..
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
Intimate Adu..
from Intimate Adult..
Interracial ..
from Interracial Si..
Interracial ..
from Interracial Pe..
Interracial ..
from Interracial On..
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク
Scarving 1979
ネタバレ映画館
【銀太郎的映画感想文】
CINEMA e MUSICA di FLUFFY
xina-shinのぷちシネマレビュー?
見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
カテゴリ:映画感想*review( 65 )
スカーレット・レター:朱色文字/THE SCARLET LETTER
スカーレット・レター』を見てきました。

イ・ウンジュが亡くなったことで、
この作品の注目度って言うのは極端にあがったけれど、
それでなくてもこの作品の持つ凄まじさは注目に値すると思う。
とにかく、ハン・ソッキョ、イ・ウンジュどちらも素晴らしかった。
最後のトランクのシーンは、痛々しいのに目が離せなかった。
これは見るべき。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-05-13 23:06 | 映画感想*review
アビエイター:THE AVIATOR
友達に誘われて『アビエイター』の試写会に行ってきました。

思えば、レオナルド・ディカプリオの映画って、久しぶり。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」も結局見なかったし、
「ビーチ」も「仮面の男」も見なかったし、
ひょっとして「タイタニック」以来?
とにかくものすごく久しぶり…。
それに、大作って匂いがプンプンする作品も久しぶり…。

で、どうだったかと言うと…。
確かに大作でしょう。
莫大な時間とお金がかけられているのは明白。
でも、でも、何が大事って、やっぱりストーリーだと思う訳です。
その点、ハワード・ヒューズの半生と言われても、
さして知識も興味もない人間を引き込むだけの魅力は、
正直、感じられなかった気がします。

たしかにレオの熱演は光ってた!
眉間にシワ作って、もう美少年とは言わせない!演技を見てくれ!
っていう意気込みはとっても感じたし、
精神のバランスを失っていく様子もお見事。
そりゃ、彼を演じることを熱望しただけあります。

それから、ケイト・ブランシェットも良かった!
昔の映画を見るといつも、何を言ってるかはわからなくても、
今の俳優さんと違って、とっても格調高い喋り方に感じるんだけど、
その感じがすごく良くでてて、さすがでした。

でも、でも、なんですよね…。
ハワード自体が理解の範疇を越えてるせいか、
ストーリーのせいか、映画に気持ちが入らない…。
3時間という長さはそれほど気にはならなかったけど、
見終わって何かが残ったとも思えず、
大作を見たという意味の無い自己満足のみ得られた気がしました…。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-05-13 06:22 | 映画感想*review
シャーク・テイル:SHARK TALE
これまたかなり前の話になりますが、『シャーク・テイル』を初日に見てきました。

あたしも彼氏もピクサー大好き!
だけど、やっぱり子供向けな印象が拭いきれない…。
いや、いつだって楽しんでるんだけど、
甘いものばかり食べてれば、ピリっと辛いものも欲しくなるのが人間だもん。
皮肉やパロディがオンパレードなドリーム・ワークスもハズせない訳です。

だって、「ニモ」に対抗しようなんて、大胆不敵すぎると思いませんか?
まぁ、当たって砕けたとしても、その心意気が好き。
という訳で、とても楽しみにしてたのですが…。

まぁ、「シュレック」なんかに比べると、
ハジケ具合はイマイチだった気がします。
キャラとキャストのリンク具合は良かったんですけどね。
もっともっと遊べたんじゃないかな。
期待し過ぎちゃったかな。。。
っていうのが正直なところです。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-05-12 02:21 | 映画感想*review
ネバーランド:FINDING NEVERLAND
かなり前の話になりますが、『ネバーランド』を見てきました。

もちろんあたしのお目当てはジョニー・デップ。
そしてジョニーは期待通り良かったんだけども。
気づいてみれば、ジョニーより、フレディ・ハイモアの健気な演技より、
ケイト・ウィンスレットに目が釘付けでした。

ハッキリ言って、ケイト・ウィンスレットって、
タイタニックの印象が強すぎて、あまり好きではなかったんだけれど、
すごくたおやかで、母性溢れてて、とにかくとっても良かった!!
イギリスを代表する女優に選ばれているのも、今なら納得。

泣きはしなかったけれど、見れて良かった。
そう思える作品って、ありそうであんまりないですよね。
長過ぎないところもかなり好印象でした。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-05-12 01:44 | 映画感想*review
東京タワー:TOKYO TOWER
2週間程前に、彼氏が見たがっていた『東京タワー』を見てきました。
私も気にはなっていたのだけれど、
マスコミが年下男性とつきあうことを「東京タワー現象」などと言い出したので、
かなりどうでもよくなってしまったのでした。

で。今回「東京タワー」を見るにあたって、
以前書いたような理由から、年上女性の魅力が少しでも掴めれば。。。
と思っていたのだけれど。。。
正直なところ、まったく分からなかった!!

たしかに黒木瞳は綺麗。
でも、詩史という女性は綺麗なだけ。
透を虜にするほどの魅力がどの辺にあったのか疑問です。
透もまた、なぜ詩史なのかがよく分からないし。。。
二人がそういう関係になる過程が描かれていないから、
不倫という関係も、恋愛の中身も、現実的には到底感じられないんですよね。

やっぱり、江國香織は好きじゃない(ファンの方、ごめんなさい)。
それがわかっただけでした。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-03-02 03:49 | 映画感想*review
パッチギ!
カンフーハッスル」に引き続き、『パッチギ!』を初日に見てきました。
って気付ばもう1週間も前の話。。。
気にしない気にしない。

この映画については、前に一度書いたのですが、
そんな薄っぺらなイメージを遥かに超えて良かったです。

担任の先生から、友人にいたるまで、世界情勢だの思想だのを語るさまに、
井筒監督の顔が後ろに浮かんではしまったけれど、
キョンジャに近づきたくて言葉を覚え、音楽を始める康介、
そんな康介に次第に心を動かされるキョンジャ、
恐いといいつつケンカに明け暮れるアンソンたち。
それぞれが、それぞれにまっすぐで、時に熱いのに、とっても爽やかで、
それが塩谷瞬をはじめとする俳優陣の印象と重なって、なんかグッと来ました。

さらに、「イムジン河」が全編にわたって流れるのが、非常に印象的で。。。
「イムジン河」って、どこか哀しげで、だけどおおらかで、
謂れや歌詞を知らなくても、なぜか心にかかるメロディですよね。
見終わった後にいろんなことを考えさせられてしまいました。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-02-02 16:57 | 映画感想*review
カンフーハッスル:功夫/Kung Fu Hustle
土曜日に『カンフーハッスル』を見てきました。

私、こういうの大好きです。
「ありえねー!」ってキャッチコピー、
よくつけたなぁって思わず感心しちゃうほどありえなくて、
とっても面白かったです。
「少林サッカー」も面白かったけど、こっちの方が好きかな。

とにかく、このキャスティングがまずありえない!
出てくる人出てくる人、みんないい顔で、
向こうでは有名なようだけど、香港映画に馴染みの薄い私としては、
どの人も強烈でした。
斧頭会のボスは、「少林サッカー」のGKだって気づかなかったけど、
なかなか好きな顔です。

そして、映像がありえない!
最近のCG技術はかなり高度になって、本物と見間違うばかりだけど、
私はそれが必ずしもいいとは限らないと思っていて、
その点、この映画はカンフーとCGの融合が絶妙で、
自然に見えるけれど、明らかにCGだと分かるのが良かったです。

最後に、ストーリーがありえない!
あらすじは、単純明快なんだけど、
設定だとか、細かいところがやっぱりありえない。。。
でもそこが好き。
くだらなければくだらないほど、バカバカしければバカバカしいほど、
真面目で一生懸命だと好感が持てるのはなぜなんでしょうね。
とにかく好きです。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-01-24 21:14 | 映画感想*review
オーシャンズ12:OCEAN'S TWELVE
ターミナル」に引き続き、『オーシャンズ12』を先行上映で見てきました。

これだけのメンバーを、
誰一人欠けることなく再び集めたスティーブン・ソダーバーグ。。。
というか、メンバー増えてパワーアップしてるし!!
いやはやスゴイです。

相変わらずカッコいい音楽と映像。
メンバーみんなの楽しそうな雰囲気も伝わってきて、内輪のノリは健在。

個人的なところでは、ヴァンサン・カッセルが好きなので、
出てきたのはうれしかった!
あと、関係ないけど、ブラッド・ピットの「ハッ!」って笑うところが好き!!

だけど、前作と比べるとどうもイマイチなんですよね。
詐欺のネタがインパクトに欠けるからかな。。。
そのせいか、私もイマイチのれなくて。

一席開けて隣で見てた男の人2人組の片割れが、
途中からイビキかきはじめちゃって、
そればかり気になっちゃったのもあるかもしれないけど。。。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-01-18 07:40 | 映画感想*review
ターミナル:THE TERMINAL
土曜日にやっと、『ターミナル』を見てきました。

スティーブン・スピルバーグ×トム・ハンクス。
これが面白くないわけない。
安心して見ていられる作品でした。

ターミナルっていうのは、限られた空間ではあるんだけど、
そこは数多くの人種と、たくさんの人間が行き来する、
特異な世界なんですよね。
しかも、そこに来る人間は、通り過ぎるためであって、
そこに居続けることはない。
それなのに、そこにずっといなければならなくなったビクターという設定が、
とてもウマいなぁ〜と思ってしまいました。

しかも、ターミナルに訪れるわずかな時間のために、
そこにはありとあらゆる物が揃っていて、
そのためにはそこで働いている人もいる訳で。
そういう普段は気にも留めないようなことを描いているのも、
この作品の良さだと思います。

とにかく、トム・ハンクスの憎めない感じがそのまま、
ビクターの、次第に周囲の人々と打ち解けて味方にしてしまう様子と重なって、
トム・ハンクス以外には考えられないほどハマって見えました。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズもチャーミングだったし。
それから気になったのは、エンリケのディエゴ・ルナ。
これから注目していきたい人を見つけました。
それにあのおじいちゃん!
いい味だしてて、忘れられません。

人気blogランキング



→more deep...ネタバレトーク
[PR]
by shima_risu | 2005-01-17 04:46 | 映画感想*review
ホワイトライズ:WICKER PARK
今年最後に、『ホワイト・ライズ』を見てきました。

すれ違う男女を描いた作品と言えば、ここ最近見た中では、
「ターンレフト・ターンライト」があるのですが、
「ターンレフト」がフワフワの綿あめとするなら、
「ホワイト・ライズ」はほろ苦いビターチョコレート。
映像もスタイリッシュで、大人向きな印象でした。

でも、でも。
マシューは一歩間違えばストーキングに不法侵入の二股(三股?)男だし、
アレックスも悪意のない嘘というけれど、どうなんだろ。
ただただ、リサのきれいな印象が残るばかりで、
入り込めそうで入れなかったです。

ただ、サスペンスタッチな作品なので、
人物造形はともかく、いろんな人間関係を推察するのは面白かったです。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2004-12-31 23:55 | 映画感想*review