secret*cafe
secret.exblog.jp
2005*May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
since*2004.3.14    休止中。そして、こっそりと>>>open24.exblog.jp
参加してみました
↓ポチッとな
人気blogランキング
カテゴリ
感想一覧*list
映画感想*review
映画雑記*column
映画館話*secret
検索
最新のトラックバック
Cialis.
from Cialis.
www sbg glob..
from www sbg global..
dice twister..
from dice twister a..
net ok school
from net ok school
www red felt..
from www red felt p..
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
Intimate Adu..
from Intimate Adult..
Interracial ..
from Interracial Si..
Interracial ..
from Interracial Pe..
Interracial ..
from Interracial On..
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク
Scarving 1979
ネタバレ映画館
【銀太郎的映画感想文】
CINEMA e MUSICA di FLUFFY
xina-shinのぷちシネマレビュー?
見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
2004年ランキングあれこれ
*2004年に観た映画は65本。
 私なりに振り返りながら、ランキングをつけてみたいと思います。
 ラインナップは上半期下半期をご覧ください。

■TB部門■
1. 17 コラテラル
2. 15 笑の大学
3. 11 シークレット・ウィンドウ

せっかくブログをやっているので、こういうランキングはどうでしょう。
2004年中のTB数だけをカウントするとこうなりました。
この他だと、「ハウルの動く城」「Mr.インクレディブル」も現在増えてます。
上位に入った作品はやはり、メジャーな作品ばかりですね。
それだけ多くの人が見たということでしょう。
それから、先行上映、公開初日に見た感想には反響が大きいようです。
こんなに多くの方にTBしていただけたこと、感謝しています。
TB大歓迎なので、これからもどんどんしていってください。

■コメント部門■
1. 12 コラテラルターンレフト・ターンライト
2.  9  テイキング・ライブス
3.  8  シークレット・ウィンドウ

これもブログならではのランキングですね。
もちろん、自分以外のコメント数です。
TBランキングにも入った「コラテラル」「シークレット・ウィンドウ」の他に、
「ターンレフト・ターンライト」「テイキング・ライブス」が入っているのが
特徴ですね。
この2作品はあまり話題にならなかったけれど、
実は、見る人は見ていたというところなのかと勝手に推察してます。
あと、女優さんの話題に触れているので、
ファンの方がコメントをくださったりもしました。
これからも、いろんな情報などお待ちしています。

■邦画部門■
1. バーバー吉野 シュールな世界にほれました
2. 69 青い勢いにほれました
3. 下妻物語 キャラと映像にほれました

ここからは私の独断と偏見になってきます。
2004年の邦画は勢いがあって、面白い作品が多かったように思います。
あまり邦画、洋画と分けるのは好きではないのですが、今回はあえて挑戦。
そしてかなり悩みました。
結果、キネ旬とは大違いなランキングとなりました。
この他では「1980」「花とアリス」も印象に残ってます。
話題となった「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」は
見ていません。
これは、食指が動かなかったのと、あえてハズしたところがあります。
だって、映画を泣く手段だとは思っていないから。
私は涙腺が弱い方で、割とすぐに泣きます。
映画館でも数知れず泣いてます。
でも、過剰に泣かせようとする映画というのは、泣けた試しがありません。
狙って笑わせるのはおおいにアリですが、
狙って泣かせるのは私の中ではナシなのです。
なので、制作側の意図が敏感に感じられる映画では泣けないどころか、
シラけた気分になってしまうことが多いので、見る気も起きないという訳です。
あまり選り好みせずに見ようと思っているのですが、これだけは譲れません。
では2004年涙をこぼした映画はというと、「クイール」だけでした。
泣きそうになる映画はありましたが、
実際にはジワッとくるだけでこぼれないこともあるものです。
「クイール」は飼っていた愛犬が重なって見えて、どうにも抑えきれませんでした。

■恋愛部門■
1. ターンレフト・ターンライト ジジのようにキュートになりたい
2. 永遠の片想い 切ない気持ちを忘れずにいたい
3. 恋愛適齢期 歳をとったらこうなりたい

2004年に見た恋愛映画は少ないです。
全体的にも恋愛映画が少なかった気がするのですが、
実際のところはどうなんでしょう。
ただ、「ターンレフト・ターンライト」に出会えたのは良かったです。
見終わった後に、心がほんのり暖かくなるような作品は大事にしたいです。

■アニメーション部門■
1. ベルヴィル・ランデブー ブルーノ万歳
2. シュレック2 ジャンボクッキーマン万歳
3. Mr.インクレディブル イラスティーガール万歳

これは即決です。
2004年は、いつになくたくさんのアニメーション作品を見ました。
そしてそのどれもが高いレベルにあったと思います。
しかし、「ベルヴィル・ランデブー」に出会えたことが、1番の収穫となりました。

■ハード部門■
1. ドッグヴィル 長さも結末も重かった
2. 21g 命の重さが重かった
3. モンスター セルビーが重かった

こういう映画を称してなんと言えばいいのかわかりませんが、
とにかく見てるのが辛かった映画です。
この他には「ミスティック・リバー」「半落ち(ビデオ)」も重い映画でした。
ついついこういう作品は敬遠しがちだけど、その重さに耐えた時、
見て良かったと思えるものです。
笑える作品も大好きだけど、見終わった後にドスンと何かが残る映画というのも、
また好きです。

■見逃した部門■
1. 誰も知らない
2. 嗤う伊右衛門
3. 隠し剣 鬼の爪

思いついた順ですが、すべて邦画になってしまいました。
前売り券が残っているのは、見ると哀しい気持ちになります。
でも、いろんな事情から見逃しちゃうことってあるんですよね。。。

■続編部門■
1. インファナル・アフェア2
2. スパイダーマン2
3. シュレック2

2004年はシリーズものをたくさん見ました。特に2が多かったです。
そんな作品に限ってランキングをつけたらこうなりました。
続編が決まっているので、続編への期待度も加味されています。
この他では「バイオハザード2」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」も
続編が気になります。

■見ておいて良かった部門■
1. SAW これからに期待
2. ビッグ・フィッシュ 最高のおとぎ話
3. 血と骨 日本人俳優の演技力

なんだかだんだん妙な方向になってきました。
理由はさまざまですが、評価とは別に、見ておいて良かったと思う作品です。
後々、これらの作品を見ていなければ、できない話がありそうだと踏んでいます。


*すべての作品を同じ枠で評価するのは難しいので、こんな手を使いましたが、
 どの作品も私にとって影響のあった作品ばかりです。
 こうして振り返ってみると、あらためていろいろと思うことがあって、
 ついつい長くなってしまいました。
 最後まで、どうもありがとうございました。
 2005年もよろしくお願いします。

人気blogランキング


[PR]
by shima_risu | 2005-01-11 05:48 | 映画雑記*column